トップ / 人気の結婚指輪の形に関して

人気の結婚指輪の形に関して

人気の結婚指輪の形

人気の高い結婚指輪スタイル

結婚式の前までに夫婦となる二人で、合計3つの指輪が必要になります。結婚指輪と言えば、宝石なしのシンプルなスタイルを思い浮かべる方も多いでしょうが、メレ付きも人気があります。メレとは、直径2ミリ程度の宝石のサイズを指したものです。結婚後になると、身に付ける機会が減ってしまう婚約指輪ですが、最近では結婚指輪と重ね付けをする新しいスタイルも登場しました。メレ付きの指輪は、大きなダイヤモンドを真ん中に一石あしらった婚約指輪のデザインの定番であるソリティアとも重ね付けの相性が良く、身に付ける機会がぐんと増えます。

結婚指輪に適したスタイル

ソリティアとは石が一粒のみ付いた指輪のことで結婚の約束をする時のエンゲージリングのスタイルとしては代表的なもので、メレ付きといってセンターの石を飾るように小粒のダイヤをちりばめたものもあります。結婚指輪は常に身に着けていて相手の存在を感じると共に愛が長く続きますようにと願いをこめて着けているものです。なので石を使う時は家事の邪魔にならない奥に入ったスタイルのものが合います。一方エンゲージリングは結婚式や華やかな場所に行くときに着けていくものなので、ソリティアやメレ付きのリングのように派手なものがよく合います。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚指輪の由来と風習に関して. All rights reserved.