トップ / 薬指に指輪を贈ることに関して

薬指に指輪を贈ることに関して

左手薬指に指輪を贈る

結婚の約束を生涯薬指に刻む

結婚をすると、夫婦で同じ指輪を身につけることが一般的です。では、なぜ結婚指輪を左手の薬指につけるのかご存知でしょうか。それは、諸説ありますが古いもので古代エジプトの言い伝えにこんなものがあります。左手の薬指には心臓に繋がる血管があり、10本の指の内生命を象徴とする特別な指とされていました。そして結婚が決まった男女が、輪という永遠を表す指輪を心臓に一番近い場所に身に付けることで、生涯変わらぬ愛を誓い合うというものです。他にも素敵な言い伝えがたくさんありますが、古代エジプトのものが最も根強いものです。遠い昔に始まった心臓はハート(愛情)というロマンティックな考え方が現代でも慣習として受け継がれているのです。

結婚指輪がなぜ左手薬指なのか

元々、結婚をして指輪をおくるという習慣はというと古代ローマ時代に遡ります。では、その結婚指輪を、なぜ、左手の薬指にはめるのか、それにはどんな言い伝えがあるのでしょうか。その理由について話す前に、気持ちについて触れたいと思います。何か考えたり、思うところはどこか。心、いわゆる心臓であるという考え方、または、頭であるという考え方があります。心臓に感情があるという考えにより、心臓から近い方の左手にする、そして、心臓と左手薬指は一本の血管でつながっていると信じられていた為、結婚する時にはめるという言い伝えがあります。また、指ごとに意味があり愛情を意味するという説もあります。色々考えると、結婚指輪も感慨深いものになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚指輪の由来と風習に関して. All rights reserved.